メインマシンをWin10にアップグレード

2016年03月19日

仕事で使っているメインマシンのOSを、Windows 7からWindows 10にアップグレードしました。正直、かなり迷った末に決行したアップグレードでしたが、意外なほどスムーズに移行できました。

アップグレードした理由がちょっと特殊なので、あまり参考にはならないかもしれませんが、経緯と結果を簡単にご紹介します。

Win10にアップグレードした理由

安定して動いている仕事用マシンにあえて改変を加えることは、本来であれば避けたいところですが、今回それでもOSのアップグレードに踏み切ったのは、1つだけ不便な点があったからです。それは、USB3.0搭載機なのにUSB2.0しか使えない、という点です。

私はKinesisのエルゴノミクスキーボード「Advantage」を使っています。実はこのキーボード、USB3.0端子を搭載したWin7機では動かないという不具合がありまして、これを回避するために、パソコン本体のBIOSでUSB3.0を無効化して使っていたんです。USB2.0オンリーは何かと不便ですが、その環境で安定して使えていました。

Kinesisの不具合はWin7でのみ生じる現象らしいので、Win10にアップグレードすれば、USB3.0の無効化が必要なくなって、不便を解消できそうです。でも、そのためだけにOSを更新するとなると、別のハードやソフトで新たな問題が生じないとも限らない。安定している環境に手を加えるべきかどうか、さんざん迷ったのですが、結局エイヤッとアップグレードすることに決めたというわけです。

アップグレード作業

アップグレードの作業自体は簡単です。ファイル一式や、各種ソフトの設定など、念のためバックアップを取ったうえで、例のありがた迷惑なタスクバーの通知アイコンから、アップグレードを実行しました。

ちょっと緊張しながら開始ボタンを押したものの、更新のプロセスは拍子抜けするほどスムーズでした。UIで出てくる妙な日本語に別の意味で拍子抜けしたり、進捗状況の「○%」という数字がしばらく変わらずにドキドキしたりもしたものの、ダウンロード時間を除けば、アップグレード開始から30〜40分ほど後には、何事もなくWin10が起動しました。

結果

Win10では、USB3.0を有効にしたままで、Kinesisキーボードが使えるようになりました。狙いどおりの結果です。

また、Win7上で使っていた仕事関連の主なソフトは、ざっと試した限り、アップグレード後もそのまま正常に動いているようです。PASORAMAやAHKスクリプトもこれまでどおり使えています。

160319_win10_1.png

Win7環境から引き継がれたソフトだけを使っている限り、使用感はほとんど変わらないので、スタートメニューやエクスプローラーを目にするとき以外は、OSをアップグレードしたこと自体を忘れてしまう感じです。

Google日本語入力は再インストールが必要だった

私は特殊な入力方式を利用していることから、IMEに「Google日本語入力」を使っているのですが、このソフトだけは、アップグレードした状態では正常に動作せず、一度アンインストールしてから再インストールする必要がありました。

また、現状では、Webブラウザー「Edge」や、タスクバーの検索入力ボックス(下図)などで、Google日本語入力を使った日本語入力ができないようです。Win7環境から引き継いだソフトでは正常に入力できていますし、Edgeや検索ボックスは個人的にはたぶんあまり使わないので、さほど大きな問題にはならないとは思いますが。

160319_win10_2.png

感想

実は、今回アップグレードしたパソコンは、メーカー側でWin10対応を確認済みの機種ですので、スムーズに移行できたのは、当然といえば当然です。それでも、OSの更新はやはり緊張します。

迷った末のアップグレードでしたが、Win7環境とほぼ同じ使用感で、何ら問題なく使えそうなWin10環境が構築できたので、結果的には満足しています。本当は、OSはぜひともクリーンインストールしたい派なのですが、このまま安定して動くようなら、今回はその必要はなさそうです。

ただ、これまでのWin7環境が安定して動いていて、特に積極的な理由がないとしたら、あえてWin10にアップグレードする必要があるかというと、どうなのかなという気がします。仕事用のマシンとなるとなおさらです。

(私自身、KinesisキーボードとUSB3.0の併用という理由づけがなかったら、無償期間終了後もそのままWin7で通していたんじゃないかと思います)。

また、Win10にしたらしたで、今後はOSの更新並みのデカいアップデートがWindows Updateで定期的に送り込まれることになるので、心配の種は尽きないわけですが。

posted by 内山卓則 at 18:44 | 雑記・日記